■ 松山純子社会保険労務士事務所 情報 ■

事務所  中野区東中野・JR東中野駅徒歩3分のところにオフィスがある、
 松山純子社会保険労務士事務所(←HP)です。
 事務所へのアクセスマップはこちらをご覧くださいウキウキ

NEW本「障害年金をもらいながら 働く方法を考えてみませんか?」 が発売です!
 DVD「障害年金のもらい方」が発売です!

 チェック障害年金に該当する疾病一覧をまとめてみました!
 チェック当事務所代表 松山純子のセミナー実績一覧をまとめました♪
 クローバー障害年金情報をワンクリックで知りたい・・・・のページ♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

肝疾患

【肝疾患】の障害認定基準です。

肝疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療及び病状の経過、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます。

障害の
程度
障害の状態
1級
肝疾患での重症度判定の検査成績が高度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの
2級
肝疾患での重症度判定の検査成績が中等度の異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
3級
肝疾患での重症度判定の検査成績が軽度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの


検査項目
基準値
中等度異常
高度異常
総ビリルビン  mg/dl
0.3~1.22以上3未満3以上
総ビリルビン  mg/dl
4.2~5.12.8以上3.5未満2.8未満
血小板数   万/μl
13~355以上10未満5未満
プロトロビン時間   PT3
70~13040以上50未満40未満
10~144以上6未満の延長6以上の延長
ALP
0.8~2.33.5以上10未満10以上
CHE
 明らかに異常値のもの 
腹水
 中等度〔注1〕高度〔注2〕

〔注1〕治療により軽快するもの
〔注2〕治療により軽快しないもの


一般状態区分表
区分
一般状態
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事や事務など。
歩行や身の回りのことはできるが、特に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で日中の50%以上就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

※慢性肝炎は、原則として認定の対象となりませんが、GOT(AST)、GPT(ALT)が長時間にわたって100以上の値を示し、かつ、軽易な労働以外の労働に支障がある程度のものは3級と認定されます。


15 : 47 : 42 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

腎疾患

【腎疾患】の障害認定基準です。

腎疾患による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、検査成績、一般状態、治療及び病状の経過、人工透析療法の実施状況、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定されます。

障害の
程度
障害の状態
1級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が高度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの
2級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が中等度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの
・人工透析療法施行中のもの
3級
慢性腎不全及びネフローゼ症候群での検査に示す検査成績が軽度異常を示すもので、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの


区分
検査項目
単位
軽度異常
中等度異常
高度異常
内因性クレアチニンクリアランス値ml/分20以上30未満10以上20未満10未満
血清クレアチニン濃度mg/dl3以上5未満5以上8未満8以上
11日尿蛋白量g/日3.5g以上を維持する
2血清アルブミンg/dlかつ、3.0g以下
3血清総蛋白g/dlかつ、6.0g以下



一般状態区分表
区分
一般状態
無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発病前と同等にふるまえるもの
軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの。例えば、軽い家事や事務など。
歩行や身の回りのことはできるが、特に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの
身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で日中の50%以上就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの
身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるもの

※人工透析療法施行中のものは2級と認定されます。なお、主要症状、人工透析療法施行中の検査成績、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定されることがあります。


15 : 37 : 11 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

精神

【精神】の障害認定基準です。

障害の
程度
障害の状態
1級
精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
2級
精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
3級
精神に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの
障害手当金
精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの


精神の障害の程度は、その原因、諸症状、治療及びその病状の経過、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの、及び労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものを3級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すものを障害手当金に該当するものと認定する。
精神の障害は、多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多様である。
したがって、認定に当たっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する。


[1]認定要領 
精神の障害は、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」、「気分(感情)障害」(以下「そううつ病」という。)、「症状性を含む器質性精神障害」、「てんかん」、「知的障害」、「発達障害」に区分する。
 症状性を含む器質性精神障害、てんかんであって、もう想、幻覚等のあるものについては、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害」に準じて取り扱う。


15 : 11 : 32 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

高血圧

【高血圧】の障害認定基準です。

障害の
程度
障害の状態
1級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のもの
2級
身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの
3級
身体の機能に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの


高血圧症による障害の程度は、自覚症状、他覚所見、一般状態、血圧検査、血圧以外の心血管病の危険因子、脳、心臓及び腎臓における高血圧性臓器障害並びに心血管病の合併の有無及びその程度等、眼底所見、年齢、原因(本態性又は二次性)、治療及び症状の経過、具体的な日常生活状況等を十分考慮し、総合的に認定するものとし、当該疾病の認定の時期以後少なくとも1年以上の療養を必要とするものであって、長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものを3級に該当するものと認定する。


■認定要領
[1]高血圧症

高血圧症とは、おおむね降圧薬非服用下で最大血圧が140mmHg以上、最小血圧が90mmHg以上のものをいう。


[2]高血圧症により脳の障害を合併したものによる障害の程度高血圧症により脳の障害を合併したものによる障害の程度は、「精神の障害」及び「神経系統の障害」の認定要領により認定する。


[3]高血圧症により心疾患を合併したものによる障害の程度
高血圧症により心疾患を合併したものによる障害の程度は、「心疾患による障害」の認定要領により認定する。


[4]高血圧症により腎疾患を合併したものによる障害の程度
高血圧症により腎疾患を合併したものによる障害の程度は、「腎疾患による障害」の認定要領により認定する。


[5]悪性高血圧症
悪性高血圧症は1級と認定する。
この場合において「悪性高血圧症」とは、次の条件を満たす場合をいう。
(ア)高い拡張期性高血圧(通常最小血圧が120mmHg以上)
(イ)眼底所見で、Keith-Wagener分類?群以上のもの
(ウ)腎機能障害が急激に進行し、放置すれば腎不全にいたる
(エ)全身症状の急激な悪化を示し、血圧、腎障害の増悪とともに、脳症状や心不全を多く伴う


[6]2級の認定
1年内の一過性脳虚血発作、動脈硬化の所見のほかに出血、白斑を伴う高血圧性網膜症を有するものは2級と認定する。


[7]3級の認定
頭痛、めまい、耳鳴、手足のしびれ等の自覚症状があり、1年以上前に一過性脳虚血発作のあったもの、眼底に著明な動脈硬化の所見を認めるものは3級と認定する。


[8]大動脈解離や大動脈瘤を合併した高血圧
大動脈解離や大動脈瘤を合併した高血圧は3級と認定する。なお、症状、具体的な日常生活状況等によっては、さらに上位等級に認定する。


[9]動脈硬化性末梢動脈閉塞症を合併した高血圧
動脈硬化性末梢動脈閉塞症を合併した高血圧で、運動障害を生じているものは、「肢体の障害」の認定要領により認定する。


[10]認定対象外
単に高血圧のみでは認定の対象とならない。


14 : 53 : 27 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

肢体

【肢体】の障害認定基準です。

[1] 上肢の障害
『一上肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、一上肢の3大関節中のいずれか2関節以上の関節が全く用を廃したもの、すなわち、次のいずれかに該当する程度のものをいいます。

(ア) 不良肢位で強直しているもの

(イ) 関節の最大他動可能域が、健側の他動可能域の2分の1以下に制限され、かつ筋力が半減以下のもの

(ウ) 筋力が著減又は消失しているもの
『両上肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、上肢装具等の補助具を使用しない状態で、日常生活動作において、さじで食事をする・顔を洗う・用便の処置をする上衣の着脱の動作を行うことが全くできない程度のものをいいます。


[2] 下肢の障害
『一下肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、一下肢の3大関節中のいずれか
2関節以上の関節が全く用を廃したもの、すなわち、次のいずれかに該当する程度
のものをいいます。

(ア) 不良肢位で強直しているの

(イ) 関節の最大他動可能域が、健側の他動可能域の2分の1以下に制限され、かつ筋力が半減以下のもの

(ウ) 筋力が著減又は消失しているもの
『両下肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、杖・松葉杖・下肢装具等の補助具を使用しない状態で、日常生活動作において、立ち上がる・歩く・片足で立つ・階段を登る・階段を降りるという動作を行うことが全くできない程度のものをいいます。


[3] 体幹の機能の障害
『体幹の機能に座っていることができない程度の障害を有するもの』とは、腰掛、正座、あぐら、横すわりのいずれもができない程度をいい、『体幹の機能に立ち上がることができない程度の障害を有するもの』とは、臥位又は座位から自力のみで立ち上がれず、他人・柱・杖・その他の器物の介護又は補助を必要とする程度をいいます。
『体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの』とは、室内においては杖、松葉杖、その他の補助用具は必要としないが、野外ではこれらの補助用具の助けをかりる必要がある程度の障害をいいます。


[4] 肢体の機能の障害
(ア)肢体の機能の障害は、原則として「上肢の障害」、「下肢の障害」、「体幹・脊柱の障害」  に示した認定要領に基づいて認定を行なうが、脳卒中などの脳の器質障害、脊髄損傷などの脊椎の器質障害、多発性関節リウマチ、進行性筋ジストロフィーなどの多発性障害の場合には、関節個々の機能による認定によらず、身体機能を総合的に認定されます。

(イ)肢体の機能の障害の程度は、運動可動範囲のみではなく、筋力、運動の巧緻性、速度、耐久性及び日常動作の状態から総合的に認定を行います。


14 : 36 : 25 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。