■ 松山純子社会保険労務士事務所 情報 ■

事務所  中野区東中野・JR東中野駅徒歩3分のところにオフィスがある、
 松山純子社会保険労務士事務所(←HP)です。
 事務所へのアクセスマップはこちらをご覧くださいウキウキ

NEW本「障害年金をもらいながら 働く方法を考えてみませんか?」 が発売です!
 DVD「障害年金のもらい方」が発売です!

 チェック障害年金に該当する疾病一覧をまとめてみました!
 チェック当事務所代表 松山純子のセミナー実績一覧をまとめました♪
 クローバー障害年金情報をワンクリックで知りたい・・・・のページ♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

精神

【精神】の障害認定基準です。

障害の
程度
障害の状態
1級
精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
2級
精神の障害であって、前各号と同程度以上と認められる程度のもの
3級
精神に、労働が著しい制限を受けるか、又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの
精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するもの
障害手当金
精神に、労働が制限を受けるか、又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの


精神の障害の程度は、その原因、諸症状、治療及びその病状の経過、具体的な日常生活状況等により、総合的に認定するものとし、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものを1級に、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものを2級に、労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの、及び労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を有するものを3級に、また、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すものを障害手当金に該当するものと認定する。
精神の障害は、多種であり、かつ、その症状は同一原因であっても多様である。
したがって、認定に当たっては具体的な日常生活状況等の生活上の困難を判断するとともに、その原因及び経過を考慮する。


[1]認定要領 
精神の障害は、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害」、「気分(感情)障害」(以下「そううつ病」という。)、「症状性を含む器質性精神障害」、「てんかん」、「知的障害」、「発達障害」に区分する。
 症状性を含む器質性精神障害、てんかんであって、もう想、幻覚等のあるものについては、「統合失調症、統合失調症型障害及び妄想性障害並びに気分(感情)障害」に準じて取り扱う。


スポンサーサイト
15 : 11 : 32 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<腎疾患 | ホーム | 高血圧>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。