■ 松山純子社会保険労務士事務所 情報 ■

事務所  中野区東中野・JR東中野駅徒歩3分のところにオフィスがある、
 松山純子社会保険労務士事務所(←HP)です。
 事務所へのアクセスマップはこちらをご覧くださいウキウキ

NEW本「障害年金をもらいながら 働く方法を考えてみませんか?」 が発売です!
 DVD「障害年金のもらい方」が発売です!

 チェック障害年金に該当する疾病一覧をまとめてみました!
 チェック当事務所代表 松山純子のセミナー実績一覧をまとめました♪
 クローバー障害年金情報をワンクリックで知りたい・・・・のページ♪


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | UP↑

肢体

【肢体】の障害認定基準です。

[1] 上肢の障害
『一上肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、一上肢の3大関節中のいずれか2関節以上の関節が全く用を廃したもの、すなわち、次のいずれかに該当する程度のものをいいます。

(ア) 不良肢位で強直しているもの

(イ) 関節の最大他動可能域が、健側の他動可能域の2分の1以下に制限され、かつ筋力が半減以下のもの

(ウ) 筋力が著減又は消失しているもの
『両上肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、上肢装具等の補助具を使用しない状態で、日常生活動作において、さじで食事をする・顔を洗う・用便の処置をする上衣の着脱の動作を行うことが全くできない程度のものをいいます。


[2] 下肢の障害
『一下肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、一下肢の3大関節中のいずれか
2関節以上の関節が全く用を廃したもの、すなわち、次のいずれかに該当する程度
のものをいいます。

(ア) 不良肢位で強直しているの

(イ) 関節の最大他動可能域が、健側の他動可能域の2分の1以下に制限され、かつ筋力が半減以下のもの

(ウ) 筋力が著減又は消失しているもの
『両下肢の機能に著しい障害を有するもの』とは、杖・松葉杖・下肢装具等の補助具を使用しない状態で、日常生活動作において、立ち上がる・歩く・片足で立つ・階段を登る・階段を降りるという動作を行うことが全くできない程度のものをいいます。


[3] 体幹の機能の障害
『体幹の機能に座っていることができない程度の障害を有するもの』とは、腰掛、正座、あぐら、横すわりのいずれもができない程度をいい、『体幹の機能に立ち上がることができない程度の障害を有するもの』とは、臥位又は座位から自力のみで立ち上がれず、他人・柱・杖・その他の器物の介護又は補助を必要とする程度をいいます。
『体幹の機能に歩くことができない程度の障害を有するもの』とは、室内においては杖、松葉杖、その他の補助用具は必要としないが、野外ではこれらの補助用具の助けをかりる必要がある程度の障害をいいます。


[4] 肢体の機能の障害
(ア)肢体の機能の障害は、原則として「上肢の障害」、「下肢の障害」、「体幹・脊柱の障害」  に示した認定要領に基づいて認定を行なうが、脳卒中などの脳の器質障害、脊髄損傷などの脊椎の器質障害、多発性関節リウマチ、進行性筋ジストロフィーなどの多発性障害の場合には、関節個々の機能による認定によらず、身体機能を総合的に認定されます。

(イ)肢体の機能の障害の程度は、運動可動範囲のみではなく、筋力、運動の巧緻性、速度、耐久性及び日常動作の状態から総合的に認定を行います。


スポンサーサイト
14 : 36 : 25 |  ・・・疾病一覧 | TB(0) | Comment(0) | UP↑

<<高血圧 | ホーム | 言語機能>>

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。